MENU
Close 

      2017/02/26

江戸川乱歩「お勢登場」悪女の魅力から学ぶ人との繋がり。【観劇記】

 

この記事を書いている人 - WRITER -


アメリカが好きでしょっちゅう滞在してるけど、日本のエンタメと落語と講談が好きな、お芝居とダンスをやってるザ・日本人。ヨガとメディテーション、本質行動学がライフワーク。好きなことはとことんとことん。経歴とかはこちら→

堀内かな

「お勢登場」@シアタートラム観劇。

 

まず、どんな作品かと言いますと…

【原作】江戸川乱歩
【作・演出】倉持裕
【出演】黒木華、片桐はいり、水田航生、川口覚、粕谷吉洋、千葉雅子、寺十吾、梶原善

【東京公演】2017年2月10日(金)~2月26 日(日)

大劇場から小劇場まで、演劇界で縦横無尽に活躍する倉持裕の新作『お勢登場』が、2017年2月、シアタートラムに登場します。大正~昭和にかけて活躍した文豪・江戸川乱歩の短編世界をモチーフとし、8本の短編小説を、1本の演劇作品として再構成します。
モチーフとなるのは、<本格推理もの>より『二銭銅貨』『二癈人』『D坂の殺人事件』、<怪奇・幻想もの>より『お勢登場』『押絵と旅する男』『木馬は廻る』『赤い部屋』『一人二役』という、乱歩の魅力あふれる作品たちです。

 

参照:世田谷パブリックシアターwebサイトより(2017/2/19)

 

そして、わたくしの感想。

—————————–

悪女の魅力この上ない。

—————————–

 

そもそも、「江戸川乱歩」の世界観が大好きでして。子供の頃の記憶で、1番強く印象に残っている本が「江戸川乱歩」の本で、内容は全然記憶が無いんですけど、読んでいる時の感覚が大好きだった記憶が凄く強くて。これがキッカケで、私はミステリーが格段に好きなんだと思うのです。

この舞台は、江戸川乱歩作品8つをごちゃ混ぜにして組み立て直したもの。

あー、やばいやばい好きでした。

演出も。

ポップさのバランスが最高。

コメディとシリアスのバランスも最高。

最近思うが、大正時代の世界観大好きだ。

この時代の海外もだけど。

 

 

黒木華さん演じる「お勢」。この女性の魅力ったらありゃしないのです。

私は女性だけど、好きになってました。というか憧れました。

一言で言うと、「何考えてるか分からない」んです。

この舞台の構成から言うと、幾つかの物語が組み合わさっているのですが、一つ一つにも区切りはあって、その都度、周りの人間が「お勢」のことを語るんです。

それが、怖いんです。

怖いんですけど…

 

彼女の仕業で起きている事件なのに、彼女を100で責められないと言うか。

チャーミングと言うか。

そして根にある「何か」が深くあるはずなのに、多くは語られないと言う。

いわゆるミステリアスな女性です。

 

そんな彼女に翻弄される周りのキャラクターたちも素敵なのですが、

この時代なのか、江戸川乱歩特有なのか、「愛」なるものの重みが美しくて。

現代に置き換えてしまうと、雰囲気が一気に壊れてしまいそうな、そんな繊細な世界観がある様に感じました。

 

 

俳優として、こんな世界で生きてみたいな。すごくすごく魅力的でした。

 

 

現代に置き換えることが難しくは感じつつも、女性なら誰でも持っている様な内面を切り取っている様にも感じました。

 

もっと彼女のことを知りたくなる。

もうちょっとでいいから彼女の内面を覗いてみたくなる。

騙されてもいい。

 

でも、知りたくない様な気もする。

知らなければ、ずっと好きでいられる様な気もする。

そんな幸せもあると思う。

 

そう言う世界感。です。

 

あなたは、どんな女性に惹かれますか?

 

 

 

 

 

 

 

ま、一旦それは置いておいて٩( ᐛ )و

 

実際に、これ男だろうが女だろうが、むしろプライベートだろうが、仕事だろうが一緒だと思うのです。

 

 

人と人だから。

 

許せる。とか、許せない。とか。

知りたい。とか、どうでもいい。とか。

 

仕事仲間に、プライベートを聞かない方がいい時もあるし。

でも、それでも「好き」には変わりないし。

相手のことにフォーカスしてるのにも変わりないし。

 

もはや、男女問わずに、「悪女」になることをお勧めします。

いい関係を続けていく、ユーモアセンスを兼ね備えて。

 

大事なのは「相手を傷つける」ということでは「無い」と言うことです。

一切傷つけません。

ちゃんと愛を与えるのです。

そして、ちゃんと欲しいものは手に入れる。

 

ね。

普通でしょ?

 

give and take です。

 

ここで言う「悪女」と言うのは、世の中のイメージとはずれているかもしれませんが、本質的なところを見れば、学ぶところがたくさんあると思います。

 

「お勢登場」では、殺人事件が起こりますが、

「悪女」になりましょ言うて、殺人しようって発想にはならないですよね。

いや、なったら困ります(*゚.゚)

 

大事なのは「本質」

どんなことからでも、どんな作品からでも切りとれる「本質」

 

「お勢」から学んだ「人との繋がり」、でございました。

 

 

 

良き人生を⭐️

 

 

⭐️2017/3/3~5 舞台「サプライズパーラー」@参宮橋シアターミッション に出演いたします。
詳細はこちら。今年は、今のところ最初で最後の舞台出演になる予定なので是非観にきてくださいネ。ぶっ飛んでます٩( ᐛ )و

 

⭐️ LINE@始めました☺︎♪ 「L.Aと日本 私の生き方、乗り越え方」という題材で、この記事を書いていて、L.Aと日本を行ったり来たりしている私の日常や、今現在学んでいること、役者活動のことも合わせて呟いています。お友達になってくださーい❤︎お願いしまーす٩( ᐛ )و

PCでご覧になっている方はこちら (• •*)ゞ↓

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です