MENU
Close 

      2017/02/26

夢追う人へ。映画「LA LA LAND」 にある2つの意味。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


アメリカが好きでしょっちゅう滞在してるけど、日本のエンタメと落語と講談が好きな、お芝居とダンスをやってるザ・日本人。ヨガとメディテーション、本質行動学を勉強中。好きなことはとことん。とことん。経歴とかはこちら→

堀内かな

日本では本日公開の「LA LA LAND(ラ・ラ・ランド)」を観てきましたー。

とりあえず一言で感想を。

「どきゅーん!!!」

 

STORY
夢追い人が集まる街L.A.(ロサンゼルス)。映画スタジオのカフェで働くミア(エマ・ストーン)は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから、二人の心はすれ違い始める…。

今、すべての人を歓喜と至福の頂点へ――!

参照:「LA LA LAND」公式youtubeより

 

 

この映画がどれだけ人の心を掴んでいたかと言いますと、隣のカップルが上演中、ダンスシーンになるとリズムを取りながらいちゃいちゃし出すくらい。そして、観終わった瞬間から鼻歌を歌ってるおじさんがいるくらいです。

私も心の中では歌って踊ってましたけど!

 

このアカデミー賞大本命である「LA LA LAND」なのですが。

まず、L.A。ロケ地がこれでもかというほどL.A。

恋しくなるくらいL.Aでした。

L.Aの48ヶ所で撮影されたんですって。道路を封鎖したりもして。

そんなフリーウェイも天文台もあれもこれも、L.Aに居る人なら、日常にある全ての風景。

 

それもそのはず、

「LA LA LAND」とは、二つの意味がありまして。一つは、【ロサンゼルスの愛称】なんです。ハリウッドのことを指したりもするのだとか。

 

そして、もう一つの意味は【現実離れしている状態】です。夢見がちなってことですね。すごくわかるなーと思います。L.Aって石を投げたらアーティストに当たるくらい、夢を追いかけて人が集まる場所です。

 

それでね、映像がこれまた美しい!

1950年代、60年代のミュージカル映画の色使いだそうです。こういうの大好き。この色使い。カラフルでポップでキレイ。大好き!!

この映画ね、内容やダンスシーンも色々なオマージュがされているみたいなんです。

こんなの見せられたら、全部辿りたくなっちゃうよね。あー自分の勉強不足を思い知らされます。

内容もそう。

ロサンゼルスに住む夢を追うカップルの話なんですけれども、マーティン・スコセッシ監督が1977年に撮った『ニューヨーク・ニューヨーク』という映画を元にしているそうで、すごく夢溢れるシーンからリアリズムに入っていきます。とってもリアルでした。ぐわあああん!って胸を掴まれました。本当、なんともいえない。く、苦しい、本当に…。泣きますよ、これは。

私は、ずっとL.Aにいる訳ではないんだけれど、それなりに思い入れはあって。「なんてこった!」って言葉しか出てこないくらい、なんとも言えない気持ちです。ああ、そうだよね、そうなるよね、でもさ、でもさ、あーーーーっていう。

意味不明でごめんなさい (• •*)

しばらく鷲掴まれたままになりそうです…。

 

ちなみに、この映画を観終わって色々調べて、1番驚いたのは監督が同い年の32歳ってこと。

つい口から「若っ」って言ってしもた。

やーすごいね。すごい。

しかも、アメリカでは、ブロードウェイミュージカルからの映画作品である「レミゼラブル」や「シカゴ」以外のハリウッドミュージカルではヒットがないそうなんです。それで、今回の挑戦、大ヒット。すごいな。

ミュージカル自体、私が好きになったのはそんなに年月経っていないし、元々は入りにくくて苦手だったんです。でも、いい舞台を観てから好きになり、映画も好きになりました。

 

この映画は、先ほども言いましたが幻想っぽい熱々なシーンからのリアリズムがあって、バランスも良いと思います。本当に苦手な方が観たらどう思うかわかりませんが、そこに関しては軽い気持ちで観たらいいと思います。後半はやられますけども。

 

あえて言うなれば、この映画は歌がそんなに多くなかった様な…。もう少し歌聴きたかったなーと思いました。ダンスシーンはいっぱいあったけどね。

曲も良かったなー。かっこよかった。ジャズ聴きたくなった。

(わたし大人になったのかしら (• •*))

くうう。他のミュージカル映画も観たくなってしまった。

 

L.Aの愛称でもあり、夢見がちな意味でも使われる「LA LA LAND」

 

とりあえず、L.Aで活動したい人は必見。

あと、夢追う人も必見。

そんな映画です。

 

 

さて、私は何回、L.Aと言ったでしょーか?٩( ᐛ )و

公式サイトはこちら

 

良き人生を⭐️

 

⭐️ LINE@をしております☺︎♪ 「L.Aと日本 私の生き方、乗り越え方」ということで、L.Aと日本を行ったり来たりしている私の日常や、今現在学んでいること、役者活動のことを綴ったblogの更新、気付いたことなど呟いています。お友達になってくださーい❤︎お願いしまーす٩( ᐛ )و

PCでご覧になっている方はこちら (• •*)ゞ↓

 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です